著作権ポリシー

  • 更新

著作権ポリシーの目的について

本著作権ポリシーは、ユーザーの皆様に、著作権に関する当社の考え方及び対応方針をご理解いただくことを目的として定めるものです。

 

著作権について

ユーザーは、自作のコンテンツか、必要な許諾を得たコンテンツのみ投稿ができます。コンテンツは、テキスト、画像、動画、音声を含みます。他者が著作権を所有しているコンテンツ(他ユーザーの投稿、他ユーザーの動画の一部、他メディアからのコピー、音楽トラックなど)を、必要な許諾を得ずに、投稿してはなりません。PostPrimeは、質の高いコンテンツを投稿するユーザー・プライムクリエイターを応援し、創作活動を保護しています。盗作や剽窃を認めていません。もちろん、さまざまなコンテンツや考え方から、「アイデア」を得て、独自の創作することはあります。しかし、他者の「表現」をそのまま、または、独自の「表現」を残したまま、自分のもののように利用してはなりません。

 

他者の著作物を利用するには

必要な許諾を得ている場合、他者の著作物を利用することができます。こちらのルールは、国によって異なるため、それぞれの国のルールをご参照ください。日本の場合、著作権者から利用許諾を得ている、または、著作権の譲渡を受けている場合には、他者の著作物を利用することができます。著作物の正しい利用方法については、文化庁HPをご覧ください。

 

PostPrime内で著作権侵害を発見した場合

PostPrimeでは、利用規約及び著作権ポリシーに違反する投稿を報告するシステムがあります。

利用規約及び著作権ポリシーに違反する投稿を見つけた場合、投稿の右端の≡のボタン>「投稿問題を通報する」>「著作権侵害の報告」を選択し、下記の必要な情報を記入して、著作権侵害を報告してください。PostPrime Teamは、違反を監視し、対処します。実際に、著作権侵害が認められた場合、該当の投稿の削除または表示制限を行います。

_____.png

 

著作権侵害を報告する際に必要な情報

  1. 著作権を侵害しているコンテンツを特定する情報(PostPrime内の投稿・プロフィールの場合、そのリンクとどのプロフィール・投稿の部分か特定する情報)
  2. 侵害を受けたと考えられる著作物の詳細(オリジナルの著作物へのリンクや侵害があると考える理由)
  3. メールアドレスを含む報告者の連絡先情報

 

著作権侵害の警告を受けた場合

PostPrime Teamが、実際に報告された著作権侵害を認めた場合、該当の投稿を削除、または、表示制限を行い、著作権侵害を行なったユーザーに警告を通知します。警告を通知されたユーザーは、異議申し立てを行うことができます。異議申し立てを行う場合、こちらからお問い合わせください。

  1. 著作権侵害の異議を唱える理由とその証拠
  2. 電話番号およびメールアドレスを含む報告者の連絡先情報

PostPrime Teamが、異議申し立ての理由と証拠を精査し、著作権侵害が実際に認められるか再審査します。

PostPrimeは、著作権侵害が認められる場合、事前の通知・ 催告等を経ることなく、コンテンツを削除し、アカウントの利用制限や削除をおこない、本サービスへのアクセスを恒久的又は一時的に停止する等の措置をとることができます。

 

著作権侵害の例

必要な許諾なしに以下の行為を行なった場合、著作権侵害にあたる可能性があると考えられます。著作権侵害のケースは以下に限りません。著作権関係につきまして予め個別のご質問にはお答えしかねますので、ご了承ください。

  • PostPrime及びその他のソーシャルネットワークサービスまたはブログ等で他ユーザーが投稿したコンテンツ(音声・画像・動画・テキストを含む)の全部、または、一部をそのまま(類似する形で)掲載すること
  • 録画したテレビ番組動画、ラジオ、ニュース、ネットメディア、他メディアの全部、または、一部をそのまま(類似する形で)掲載すること
  • 他アプリやサービスの画面の全部、または、一部をそのまま(類似する形で)掲載すること
  • 音楽レーベルやポッドキャストの音源の全部、または、一部をそのまま(類似する形で)掲載すること
  • 書籍、映画や宣伝情報の全部、または、一部をそのまま(類似する形で)掲載すること
  • 漫画やイラスト等の全部、または、一部をそのまま(類似する形で)掲載すること
  • 日本語以外の言語で記載された情報の全部、または、一部をそのまま(類似する形で)翻訳して掲載すること

 

FAQ

Q1. 自分は◯◯証券のアプリを使用していますが、チャートや速報などのページを投稿に載せるのは問題でしょうか?

A. まずは、ご利用頂いている証券会社の規約、免責事項をご覧頂き、チャート等を含むその証券会社のコンテンツについて複製、加工、転載等が可能であるかをご確認下さい。証券会社の多くが、アプリやWebページのご利用に際してその目的を問わず複製、加工または再利用することを禁じていることもご留意下さい。そのような証券会社のコンテンツを投稿する場合には、正式な許諾を得ること、その上で許諾を得ている旨を投稿内に明記することが条件となります。

Q2. 「TradingView」はチャートの画像を自由に掲載しても良いと拝見しましたがいかがでしょうか?

A. TradingViewの規約第4条「帰属」をご参照頂き、TradingViewの定める条件に沿った適切な方法をご理解頂いた上で、PostPrimeでの投稿にご利用下さい。TradingViewが定めるルールを遵守しないユーザーに対しては、(TradingViewによって)法的措置が取られる場合があることもご留意下さい。また、TradingViewであれば自由に掲載出来る事を、PostPrimeが保証するものではないこともご理解頂けると幸いです。

Q3. ニュースや動画のリンクを投稿に貼りつけるのはいかがですか?その時に表示される画像は著作権ポリシーに違反しませんか?

A. ニュース等のリンク(URL)を貼り付ける行為、その際に表示される画像は、原則著作権ポリシーに違反しません。なぜならその画像はリンク先のサイトにあるものを呼び出しているだけで、転載には当たらないからです。ただし、リンク先のニュース記事をそのまま無断転用したり、公序良俗に反する可能性のある記事や動画等のリンク、またいわゆる「リーチサイト・リーチアプリ」に関する規制に違反するリンクを貼ることに関しては、著作権ポリシー、並びに投稿ポリシーに違反する行為と見なされます。

また、動画の一部分を切り取り画像として投稿内に貼り付ける行為は明確な著作権ポリシー違反となりますので、ご留意下さい。 

Q4. 自分が購入した本の写真を投稿することはいかがでしょうか?著作権ポリシー違反ですか?

A. 書籍等の「モノ」にはパブリシティ権はないとされていますが、写真撮影により表紙を複製した場合には著作権の侵害と評価される可能性があり、場合によるとしか言わざるを得ません。違反行為となる危険性を回避するには、例えばその書籍を紹介する商品リンクを利用することや書籍の出版元等公式SNSアカウントの投稿のリンクを利用することでOPG画像を表示する方法をお勧めいたします。

Q5.  動画で自分の好きな音楽をBGMとして使用することは可能でしょうか?

A.    音楽についても著作権で守られておりますので、著作物を無断で使用することは著作権侵害となります。BGMとしてご使用を希望される場合には、著作権者に使用許諾を得た上でその旨を投稿内に明記いただく必要がございます。 また、著作権フリーの素材を扱うサイトも数多くございますので、フリー素材からご使用いただくことをおすすめしております。
( 例 ) DOVA-SYNDROME 、pixabay 魔王魂 、 効果音ラボ  他

※上記はあくまで一例となります。ご自身で利用規約等ご確認の上、各社のルールに則り適切なご使用をお願いいたします。 

 

制定日: 2021年09月1日

改定:: 2021年11月01